銀行のフリーローンのメリットとは?

MENU
RSS

銀行のフリーローンのメリットとは?

フリーローンというものを聞いたことがありますか?この銀行のフリーローンは、非常に便利です。まず、そのメリットとしては、用途うが限定されていないことです。
通常、住宅ローンや車のローン、教育ローンなど、大型のローンの場合には、使用用途は限定されているので、多額の融資を受けることができたとしても、自由に使うことは、基本的にはできないのです。しかし、フリーローンの場合には、融資金は全て自由に利用することができるのです。

 

同じようにカードローンも使用用途は限定されないので、便利ではありますが、利用には注意が必要です。なぜなら、カードローンの場合には、返済をある程度続けると、その分の利用限度額が元に戻り、また融資が受けられることになります。つまり、一度、利用限度額いっぱいまで利用してしまうと、また借金を繰り返し、完済ができにくくなってしまう可能性が非常に高くなります。

 

しかし、それに対して、フリーローンの融資は、一括で銀行口座に振り込まれ、それで終わりです。繰り返して借金をするというシステムはないので、一度融資を受ければ後は、毎月着実に、完済に向かっていくことができます。ですので、借金を繰り返すようなことにはなりにくいシステムになっています。

 

確かに利用限度額が元に戻って、また、お金を借りることができるのは、一見便利なように見えますが、それを繰り返していくと、利子だけが増え続け、完済には程遠くなってしまう恐れがあることも頭にいれておきましょう。
参照サイト>銀行お金の借り方

フリーローンとは?

お金を借りる方法としては様々なものがありますね。ローンの種類もたくさんあります。例えば、銀行のローンは住宅や車などの大型のローンがありますが、いずれも用途には指定があることが多いです。しかし、用途の限定のないローンも存在しています。その一つに、フリーローンがあります。

 

みなさん、フリーローンはご存知でしょうか。フリーローンとはその名の通り、自由なローンのことです。となると銀行のカードローンも用途が自由だから、フリーローンじゃないか、と思われる方も少なくないでしょう。厳密にいえば、カードローンも、フリーローンということができるようです。しかし、一般的にフリーローンという場合には、カードローンとのシステムに違いがあります。

 

まず、フリーローンは、審査の通過し、融資金の決定が行われ(必ずしも希望が通るわけではないようです)、その全額を銀行が一括で、指定した銀行口座に振り込みます。これが融資金の受け取り方法になります。
一方、カードローンの場合には、審査に通過すると、利用限度額の決定が行われます(こちらも、希望が必ず通るわけではありません)。そして、この限度額の範囲内で、提携のATMから何度でもお金を引き出すことができるシステムになっています。
このように、フリーローンとカードローンの大きな違いは融資金の受け取り方にあります。

 

また、フリーローンの融資は、一度きりです。ですので、もしまた融資を受けたい場合には、再度、審査を受ける必要があります。

低金利のフリーローンは便利です!

やっぱりお金を借りるなら、低金利の銀行から借りるのが、一番ですよね。返済までの自己負担が少なくて済むのも、銀行ならではないでしょうか。
でも、銀行のローンは、用途の限定されているものが多くて、ちょっと使いにくい。そう思われている方も少なくないでしょう。そこで最近人気を集めているのが、銀行のカードローンやフリーローンです。

 

カードローンは最近かなり注目を集めていますが、フリーローンというものは、あまり馴染みがないのではないでしょうか。このフリーローンも、カードローンと同じように、使用用途に特に指定はありません。しかし、カードローンとは、明らかにシステムが違います。

 

その大きな違いは、融資金の受け取り方です。
カードローンの場合には、利用限度額がいっぱいになるまで、何度でも、最寄りの提携ATMからお金を引き出すことができます。しかし、フリーローンの場合には、融資金額が決定されると、その金額のみ、一括で全額、銀行口座に振り込まれるのです。そして、融資はそれきりです。カードローンのように、返済していけば利用限度額が元に戻る、というシステムはありません。

 

フリーローンのシステムは、ちょっと不便なように聞こえますよね。必要なだけの金額を、好きな時に引き出せるカードローンの方が、利用しやすく感じるでしょう。しかし、フリーローンは、完済するには、もってこいのシステムです。なぜなら、繰り返し、お金を借りることはできないシステムになっているからです。